注文の多い料理店

宮沢賢治

二人の若い紳士が、すつかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴかする鉄砲をかついで、白熊しろくまのやうな犬を二ひきつれて、だいぶ山奥の、木の葉のかさしたとこを、こんなことをひながら、あるいてをりました。
「ぜんたい、こゝらの山はしからんね。鳥も獣も一疋も居やがらん。なんでも構はないから、早くタンタアーンと、やつて見たいもんだなあ。」
鹿しかの黄いろな横つ腹なんぞに、二三発お見舞まうしたら、ずゐぶん痛快だらうねえ。くるまはつて、それからどたつと倒れるだらうねえ。」
 それはだいぶの山奥でした。案内してきた専門の鉄砲打ちも、ちよつとまごついて、どこかへ行つてしまつたくらゐの山奥でした。
 それに、あんまり山が物凄ものすごいので、その白熊のやうな犬が、二疋いつしよにめまひを起して、しばらくうなつて、それから泡を吐いて死んでしまひました。
「じつにぼくは、二千四百円の損害だ」と一人の紳士が、その犬のぶたを、ちよつとかへしてみて言ひました。
「ぼくは二千八百円の損害だ。」と、もひとりが、くやしさうに、あたまをまげて言ひました。
 はじめの紳士は、すこし顔いろを悪くして、じつと、もひとりの紳士の、顔つきを見ながら云ひました。
「ぼくはもう戻らうとおもふ。」
「さあ、ぼくもちやうど寒くはなつたし腹はいてきたし戻らうとおもふ。」
「そいぢや、これで切りあげやう。なあに戻りに、昨日の宿屋で、山鳥を拾円も買つて帰ればいゝ。」
うさぎもでてゐたねえ。さうすれば結局おんなじこつた。では帰らうぢやないか」
 ところがどうも困つたことは、どつちへ行けば戻れるのか、いつかう見当がつかなくなつてゐました。
 風がどうと吹いてきて、草はざわざわ、木の葉はかさかさ、木はごとんごとんと鳴りました。
「どうも腹が空いた。さつきから横つ腹が痛くてたまらないんだ。」
「ぼくもさうだ。もうあんまりあるきたくないな。」
「あるきたくないよ。あゝ困つたなあ、何かたべたいなあ。」
「喰べたいもんだなあ」
 二人の紳士は、ざわざわ鳴るすゝきの中で、こんなことを云ひました。
 その時ふとうしろを見ますと、立派な一軒の西洋造りの家がありました。
 そして玄関には

RESTAURANT
西洋料理店
WILDCAT HOUSE
山猫軒

といふ札がでてゐました。
「君、ちやうどいゝ。こゝはこれでなかなか開けてるんだ。入らうぢやないか」
「おや、こんなとこにをかしいね。しかしとにかく何か食事ができるんだらう」
「もちろんできるさ。看板にさう書いてあるぢやないか」
「はいらうぢやないか。ぼくはもう何か喰べたくて倒れさうなんだ。」
 二人は玄関に立ちました。玄関は白い瀬戸の煉瓦れんぐわで組んで、実に立派なもんです。
 そして硝子がらすの開き戸がたつて、そこに金文字でかう書いてありました。

「どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません」

 二人はそこで、ひどくよろこんで言ひました。
「こいつはどうだ、やつぱり世の中はうまくできてるねえ、けふ一日なんぎしたけれど、こんどはこんないゝこともある。このうちは料理店だけれどもたゞでご馳走ちそうするんだぜ。」
「どうもさうらしい。決してご遠慮はありませんといふのはその意味だ。」
 二人は戸を押して、なかへ入りました。そこはすぐ廊下になつてゐました。その硝子戸の裏側には、金文字でかうなつてゐました。

「ことにふとつたお方や若いお方は、大歓迎いたします」

 二人は大歓迎といふので、もう大よろこびです。
「君、ぼくらは大歓迎にあたつてゐるのだ。」
「ぼくらは両方兼ねてるから」
 ずんずん廊下を進んで行きますと、こんどは水いろのペンキ塗りのがありました。
「どうも変なうちだ。どうしてこんなにたくさん戸があるのだらう。」
「これはロシア式だ。寒いとこや山の中はみんなかうさ。」
 そして二人はその扉をあけようとしますと、上に黄いろな字でかう書いてありました。

「当軒は注文の多い料理店ですからどうかそこはご承知ください」

「なかなかはやつてるんだ。こんな山の中で。」
「それあさうだ。見たまへ、東京の大きな料理屋だつて大通りにはすくないだらう」
 二人は云ひながら、その扉をあけました。するとその裏側に、

「注文はずゐぶん多いでせうがどうか一々こらえて下さい。」

「これはぜんたいどういふんだ。」ひとりの紳士は顔をしかめました。
「うん、これはきつと注文があまり多くて支度が手間取るけれどもごめん下さいとういふことだ。」
「さうだらう。早くどこかへやの中にはひりたいもんだな。」
「そしてテーブルに座りたいもんだな。」
 ところがどうもうるさいことは、またが一つありました。そしてそのわきに鏡がかゝつて、その下には長い柄のついたブラシが置いてあつたのです。
 扉には赤い字で、

「お客さまがた、こゝで髪をきちんとして、それからはきもの
 の泥を落してください。」

と書いてありました。
「これはどうももつともだ。僕もさつき玄関で、山のなかだとおもつて見くびつたんだよ」
「作法の厳しいうちだ。きつとよほど偉い人たちが、たびたび来るんだ。」
 そこで二人は、きれいに髪をけづつて、靴の泥を落しました。
 そしたら、どうです。ブラシを板の上に置くや否や、そいつがぼうつとかすんで無くなつて、風がどうつと室の中に入つてきました。
 二人はびつくりして、互によりそつて、扉をがたんと開けて、次の室へ入つて行きました。早く何か暖いものでもたべて、元気をつけて置かないと、もう途方もないことになつてしまふと、二人とも思つたのでした。
 扉の内側に、また変なことが書いてありました。

「鉄砲と弾丸たまをこゝへ置いてください。」

 見るとすぐ横に黒い台がありました。
「なるほど、鉄砲を持つてものを食ふといふ法はない。」
「いや、よほど偉いひとが始終来てゐるんだ。」
 二人は鉄砲をはづし、帯皮を解いて、それを台の上に置きました。
 また黒い扉がありました。

「どうか帽子と外套ぐわいたうと靴をおとり下さい。」

「どうだ、とるか。」
「仕方ない、とらう。たしかによつぽどえらいひとなんだ。奥に来てゐるのは」
 二人は帽子とオーバコートをくぎにかけ、靴をぬいでぺたぺたあるいて扉の中にはひりました。
 扉の裏側には、

「ネクタイピン、カフスボタン、眼鏡めがね、財布、その他金物類、
 ことにとがつたものは、みんなこゝに置いてください」

と書いてありました。扉のすぐ横には黒塗りの立派な金庫も、ちやんと口を開けて置いてありました。かぎまで添へてあつたのです。
「はゝあ、何かの料理に電気をつかふと見えるね。金気かなけのものはあぶない。ことにとがつたものはあぶないとう云ふんだらう。」
「さうだらう。して見ると勘定は帰りにこゝで払ふのだらうか。」
「どうもさうらしい。」
「さうだ。きつと。」
 二人はめがねをはづしたり、カフスボタンをとつたり、みんな金庫の中に入れて、ぱちんと錠をかけました。
 すこし行きますとまたがあつて、その前に硝子がらすつぼが一つありました。扉にはう書いてありました。

「壺のなかのクリームを顔や手足にすつかり塗つてください。」

 みるとたしかに壺のなかのものは牛乳のクリームでした。
「クリームをぬれといふのはどういふんだ。」
「これはね、外がひじやうに寒いだらう。へやのなかがあんまり暖いとひびがきれるから、その予防なんだ。どうも奥には、よほどえらいひとがきてゐる。こんなとこで、案外ぼくらは、貴族とちかづきになるかも知れないよ。」
 二人は壺のクリームを、顔に塗つて手に塗つてそれから靴下をぬいで足に塗りました。それでもまだ残つてゐましたから、それは二人ともめいめいこつそり顔へ塗るふりをしながら喰べました。
 それから大急ぎで扉をあけますと、その裏側には、

「クリームをよく塗りましたか、耳にもよく塗りましたか、」

と書いてあつて、ちひさなクリームの壺がこゝにも置いてありました。
「さうさう、ぼくは耳には塗らなかつた。あぶなく耳にひゞを切らすとこだつた。こゝの主人はじつに用意周到だね。」
「あゝ、細かいとこまでよく気がつくよ。ところでぼくは早く何か喰べたいんだが、どうもうどこまでも廊下ぢや仕方ないね。」
 するとすぐその前に次の戸がありました。

「料理はもうすぐできます。
 十五分とお待たせはいたしません。
 すぐたべられます。
 早くあなたの頭にびんの中の香水をよく振りかけてください。」

 そして戸の前には金ピカの香水の瓶が置いてありました。
 二人はその香水を、頭へぱちやぱちや振りかけました。
 ところがその香水は、どうも酢のやうなにほひがするのでした。
「この香水はへんに酢くさい。どうしたんだらう。」
「まちがへたんだ。下女が風邪かぜでも引いてまちがへて入れたんだ。」
 二人は扉をあけて中にはひりました。
 扉の裏側には、大きな字で斯う書いてありました。

「いろいろ注文が多くてうるさかつたでせう。お気の毒でした。
 もうこれだけです。どうかからだ中に、つぼの中の塩をたくさ
 んよくもみ込んでください。」

 なるほど立派な青い瀬戸の塩壺は置いてありましたが、こんどといふこんどは二人ともぎよつとしてお互にクリームをたくさん塗つた顔を見合せました。
「どうもをかしいぜ。」
「ぼくもをかしいとおもふ。」
「沢山の注文といふのは、向ふがこつちへ注文してるんだよ。」
「だからさ、西洋料理店といふのは、ぼくの考へるところでは、西洋料理を、来た人にたべさせるのではなくて、来た人を西洋料理にして、食べてやるうちとかういふことなんだ。これは、その、つ、つ、つ、つまり、ぼ、ぼ、ぼくらが……。」がたがたがたがた、ふるへだしてもうものが言へませんでした。
「その、ぼ、ぼくらが、……うわあ。」がたがたがたがたふるへだして、もうものが言へませんでした。
げ……。」がたがたしながら一人の紳士はうしろの戸を押さうとしましたが、どうです、戸はもう一分いちぶも動きませんでした。
 奥の方にはまだ一枚扉があつて、大きなかぎ穴が二つつき、銀いろのホークとナイフの形が切りだしてあつて、

「いや、わざわざご苦労です。
 大へん結構にできました。
 さあさあおなかにおはひりください。」

と書いてありました。おまけにかぎ穴からはきよろきよろ二つの青い眼玉めだまがこつちをのぞいてゐます。
「うわあ。」がたがたがたがた。
「うわあ。」がたがたがたがた。
 ふたりは泣き出しました。
 すると戸の中では、こそこそこんなことを云つてゐます。
「だめだよ。もう気がついたよ。塩をもみこまないやうだよ。」
「あたりまへさ。親分の書きやうがまづいんだ。あすこへ、いろいろ注文が多くてうるさかつたでせう、お気の毒でしたなんて、間抜けたことを書いたもんだ。」
「どつちでもいゝよ。どうせぼくらには、骨も分けてれやしないんだ。」
「それはさうだ。けれどももしこゝへあいつらがはひつて来なかつたら、それはぼくらの責任だぜ。」
「呼ばうか、呼ばう。おい、お客さん方、早くいらつしやい。いらつしやい。いらつしやい。おさらも洗つてありますし、菜つ葉ももうよく塩でもんで置きました。あとはあなたがたと、菜つ葉をうまくとりあはせて、まつ白なお皿にのせるけです。はやくいらつしやい。」
「へい、いらつしやい、いらつしやい。それともサラドはお嫌ひですか。そんならこれから火を起してフライにしてあげませうか。とにかくはやくいらつしやい。」
 二人はあんまり心を痛めたために、顔がまるでくしやくしやの紙屑かみくづのやうになり、お互にその顔を見合せ、ぶるぶるふるへ、声もなく泣きました。
 中ではふつふつとわらつてまた叫んでゐます。
「いらつしやい、いらつしやい。そんなに泣いては折角のクリームが流れるぢやありませんか。へい、たゞいま。ぢきもつてまゐります。さあ、早くいらつしやい。」
「早くいらつしやい。親方がもうナフキンをかけて、ナイフをもつて、舌なめずりして、お客さま方を待つてゐられます。」
 二人は泣いて泣いて泣いて泣いて泣きました。
 そのときうしろからいきなり、
「わん、わん、ぐわあ。」といふ声がして、あの白熊しろくまのやうな犬が二ひきをつきやぶつてへやの中に飛び込んできました。鍵穴かぎあなの眼玉はたちまちなくなり、犬どもはううとうなつてしばらく室の中をくるくる廻つてゐましたが、また一声
「わん。」と高くえて、いきなり次の扉に飛びつきました。戸はがたりとひらき、犬どもは吸ひ込まれるやうに飛んで行きました。
 その扉の向ふのまつくらやみのなかで、
「にやあお、くわあ、ごろごろ。」といふ声がして、それからがさがさ鳴りました。
 室はけむりのやうに消え、二人は寒さにぶるぶるふるへて、草の中に立つてゐました。
 見ると、上着や靴や財布やネクタイピンは、あつちの枝にぶらさがつたり、こつちの根もとにちらばつたりしてゐます。風がどうと吹いてきて、草はざわざわ、木の葉はかさかさ、木はごとんごとんと鳴りました。
 犬がふうとうなつて戻つてきました。
 そしてうしろからは、
旦那だんなあ、旦那あ、」と叫ぶものがあります。
 二人はにはかに元気がついて
「おゝい、おゝい、こゝだぞ、早く来い。」と叫びました。
 簔帽子みのばうしをかぶつた専門の猟師が、草をざわざわ分けてやつてきました。
 そこで二人はやつと安心しました。
 そして猟師のもつてきた団子をたべ、途中で十円だけ山鳥を買つて東京に帰りました。
 しかし、さつき一ぺん紙くづのやうになつた二人の顔だけは、東京に帰つても、お湯にはひつても、もうもとのとほりになほりませんでした。


踊り字の「くの字点」は、横書きではが筋ではないかと思われるがで使われていることが多いようなのでそれに倣いました。


漢字ダミーテキスト

葦芦鯵梓圧斡扱宛姐虻飴絢綾鮎或粟
臼渦嘘唄欝蔚鰻姥厩浦瓜閏噂云運雲
憶臆桶牡乙俺卸恩温穏音下化仮何伽
咳害崖慨概涯碍蓋街該鎧骸浬馨蛙垣
官寛干幹患感慣憾換敢柑桓棺款歓汗
輝飢騎鬼亀偽儀妓宜戯技擬欺犠疑祇
怯恐恭挟教橋況狂狭矯胸脅興蕎郷鏡
訓群軍郡卦袈祁係傾刑兄啓圭珪型契
険顕験鹸元原厳幻弦減源玄現絃舷言
恒慌抗拘控攻昂晃更杭校梗構江洪浩
艮魂些佐叉唆嵯左差査沙瑳砂詐鎖裟
傘参山惨撒散桟燦珊産算纂蚕讃賛酸
識鴫竺軸宍雫七叱執失嫉室悉湿漆疾
襲讐蹴輯週酋酬集醜什住充十従戎柔
庄床廠彰承抄招掌捷昇昌昭晶松梢樟
娠寝審心慎振新晋森榛浸深申疹真神
星晴棲栖正清牲生盛精聖声製西誠誓
善漸然全禅繕膳糎噌塑岨措曾曽楚狙
賊族続卒袖其揃存孫尊損村遜他多太
単嘆坦担探旦歎淡湛炭短端箪綻耽胆
脹腸蝶調諜超跳銚長頂鳥勅捗直朕沈
撤轍迭鉄典填天展店添纏甜貼転顛点
同堂導憧撞洞瞳童胴萄道銅峠鴇匿得
捻撚燃粘乃廼之埜嚢悩濃納能脳膿農
髪伐罰抜筏閥鳩噺塙蛤隼伴判半反叛
姫媛紐百謬俵彪標氷漂瓢票表評豹廟
扮焚奮粉糞紛雰文聞丙併兵塀幣平弊
鳳鵬乏亡傍剖坊妨帽忘忙房暴望某棒
民眠務夢無牟矛霧鵡椋婿娘冥名命明
猶猷由祐裕誘遊邑郵雄融夕予余与誉
留硫粒隆竜龍侶慮旅虜了亮僚両凌寮
榔浪漏牢狼篭老聾蝋郎六麓禄肋録論
弍于亞亟亠亢亰亳亶从仍仄仆仂仗仞
儕儔儚儡儺儷儼儻儿兀兒兌兔兢竸兩
勹匆匈甸匍匐匏匕匚匣匯匱匳匸區卆
啀啣啌售啜啅啖啗唸唳啝喙喀咯喊喟
埀垈坡坿垉垓垠垳垤垪垰埃埆埔埒埓
娜娉娚婀婬婉娵娶婢婪媚媼媾嫋嫂媽
岷峅岾峇峙峩峽峺峭嶌峪崋崕崗嵜崟
弃弉彝彜弋弑弖弩弭弸彁彈彌彎弯彑
惘慍愕愆惶惷愀惴惺愃愡惻惱愍愎慇
抉找抒抓抖拔抃抔拗拑抻拏拿拆擔拈
擶擴擲擺攀擽攘攜攅攤攣攫攴攵攷收
霸朮朿朶杁朸朷杆杞杠杙杣杤枉杰枩
椡棆楹楷楜楸楫楔楾楮椹楴椽楙椰楡
蘖櫺欒欖鬱欟欸欷盜欹飮歇歃歉歐歙
浣涓浤浚浹浙涎涕濤涅淹渕渊涵淇淦
澑濂潦澳澣澡澤澹濆澪濟濕濬濔濘濱
牘牴牾犂犁犇犒犖犢犧犹犲狃狆狄狎
甕甓甞甦甬甼畄畍畊畉畛畆畚畩畤畧
皹皺盂盍盖盒盞盡盥盧盪蘯盻眈眇眄
祓祺祿禊禝禧齋禪禮禳禹禺秉秕秧秬
箟箍箜箚箋箒箏筝箙篋篁篌篏箴篆篝
絮絏絣經綉絛綏絽綛綺綮綣綵緇綽綫
羆羃羈羇羌羔羞羝羚羣羯羲羹羮羶羸
膠膕膤膣腟膓膩膰膵膾膸膽臀臂膺臉
莟莢莖茣莎莇莊荼莵荳荵莠莉莨菴萓
蕷蕾薐藉薺藏薹藐藕藝藥藜藹蘊蘓蘋
蟇蟆螻蟯蟲蟠蠏蠍蟾蟶蟷蠎蟒蠑蠖蠕
覬覯覲覺覽覿觀觚觜觝觧觴觸訃訖訐
豈豌豎豐豕豢豬豸豺貂貉貅貊貍貎貔
躅躄躋躊躓躑躔躙躪躡躬躰軆躱躾軅
遽邁邀邊邉邏邨邯邱邵郢郤扈郛鄂鄒
鎹鏖鏗鏨鏥鏘鏃鏝鏐鏈鏤鐚鐔鐓鐃鐇
隸隹雎雋雉雍襍雜霍雕雹霄霆霈霓霎
餘餡餝餞餤餠餬餮餽餾饂饉饅饐饋饑
魃魏魍魎魑魘魴鮓鮃鮑鮖鮗鮟鮠鮨鮴
鷄鷁鶻鶸鶺鷆鷏鷂鷙鷓鷸鷦鷭鷯鷽鸚